チークで美人度アップ

チークって、色、つけ方、入れる場所によって仕上がりや雰囲気が変わります。

上手につけることで、見た目が変わり、美人度がアップすることもあるので、ここでチークの入れ方を紹介させていただきます。

色の選び方もチークの入れ方では重要ですが、肌よりも僅かに暗めなベージュやブラウン系のシャドウを軽くのせます。

顔に立体感を出すためにシェーディングしますが、ほんの少し色がつく程度にするのがポイントです。

色をのせ過ぎてしまうと、顔色が悪く見えてしまいますので要注意。

次に頬骨に沿ってチークをのせていきますが、チークカラーは肌の色に応じて、色白の方ならピンク系、少々暗めな肌の方はオレンジ系がお勧めです。

筆もサイズが大きめなタイプを選び、下から上に向って色をのせていきます。

仕上げは、ほっぺにチークをオンします。

なお、頬骨にだけチークをのせるのはNGです。

げっそりやつれた顔に、見せてしまうからです。

チークの入れ方だけではなく、メイクはすべて、軽くうっすらと色をのせていくのが、上手に仕上げるコツです。

チークをつけすぎてしまったり、ぼかしたい時などは、パウダーパフやコットンにフェイスパウダーを含ませたものを、軽くポンポンとするとナチュラルな仕上がりになります。

チーク上手になるためには研究が大切!
美容雑誌やメイクレッスンのビデオ、芸能人のつけ方などを参考にして、試してみて下さい。


太陽光発電

3カラム構造